カバー工法

カバー工法とは

  • 時短
  • エコ
  • 経済的
  • 簡単

現在ある屋根材の上に新たな屋根材を乗せて二重屋根にする工法のことです。リフォーム時の建築廃材がほとんど出ず、経済的で環境への負担を抑えます。施工後は、既設屋根との多重構造で、冷暖房の省エネ効果が期待できます。屋根材に錆び、ひびが目立つもの、下地の傷みが少ない場合や施工可能な屋根の構造の場合に適しています。

  • 産業廃棄物が少ないエコ屋根

    分別廃棄が可能な為、産業廃棄物を極力抑える事が可能です。

  • 施工性UPで工期が短い

    従来品よりも施工性を向上させ、短い期間で取り付け可能です。

  • 従来品より低価格を実現

    コストバランスを重視し、低価格を実現しました。

  • 軽量化で家への負担を減少

    軽量な為、建物への負担が少なく地震の際の危険性が軽減できます。

  • 遮熱に優れ、省エネ効果が増大

    太陽熱反射特性に優れた遮熱塗装をしているため、建物内外部の温度上昇が抑制され、省エネルギーに貢献します。

耐震性に優れた屋根材

屋根材は軽量で酸性雨やさびに強いガルバリウム鋼板を原板にし、太陽熱反射性、耐候性に優れた遮熱フッ素樹脂塗装を施し、室内への太陽熱の侵入を抑えるとともに脅威の耐久・耐候性を発揮、リフォーム時の輝きを永年保ちつづけます。

  • 屋根の修理お任せ一番!
  • お問い合せはお気軽にフリーダイヤルへ 0120-915-633
  • お問い合わせフォーム